2010年10月18日

自民党の終焉は近い

 3日ほど、秋の紅葉を求めて、旅に行ってきました。おかげで気分は爽快です。

 さて、携帯も通じない山の中にいたのですが、下界に戻ってきても、大きなニュースと言えば、中国での反日デモの話くらいでしょうか。 この問題は、双方、偏狭なナショナリズムによらずに、時間をかけて解決しなければならない問題でしょう。中国側も、レア・アースの輸出先が減る傾向になるわけで、経済的には尖閣諸島の漁業権などよりもはるかに重要です。

 ここは、IQが低いとしか思えない連中の扇動に乗せられずに、落ち着いた解決を図るべきでしょう。

 さてさて、最近の、保守系マスコミのほとんどが見出しに出しているのが、仙谷官房長官ののらりくらり答弁に、自民党が攻めあぐねているという点を取り上げ、仙谷長官を罵倒する記事が多いようです。

 ですが、これは、仙谷氏がどうあれ、政治上、必要かつ重大なテーマがあれば、参院で多数を持つ野党側は、いくらでも自分たちの政策実現に動くことができます。
 しかし、特に野党・自民党が、蓮舫議員の国会内での写真撮影で議員辞職を迫ったら、片山さつき議員も実は同じことをしていたと言う、自民党お得意の「ブーメラン自爆」という体たらくで、野党として何もしていない、できていないのが自民党です。

 これがなぜかと言うと、今、一番の課題は、外交での日中関係は別にすれば、やはり経済と国民生活にあるわけです。
 しかし、利権政治、私利私欲政治にどっぷりとつかっていた、世襲議員の多い自民党には、国民生活を改善してい行くと言う目線も思想もありません。
 また、今の不況・「失われた20年」を招いたのは、自民党の経済政策であり、その自民党が野党になって、よりよい斬新な経済政策を打ち出せるわけもありません。
 若返りを図ったと言う幹部人事も、結局はそれ以前の派閥の中の若手に代替わりしただけで、何の新鮮味もありません。

 能力の無い、世襲議員の多い自民党に、今の事態を変える力は無いでしょう。
 仙谷長官への批判はあっても良いでしょうが、攻めきれないのは自民党の能力の無さです。外見はぱっとしませんが、仙谷氏は学生時代には司法試験に合格し、弁護士を長く務めてきた人物で、弁論でけむに巻くのは得意中の得意。
 それに対抗できる論客が自民党にはおらず、また能力も政策もかけていると言うことです。

 1月ほど前の情報ですが、NHKが行った全国世論調査で、民主党政権への評価は、五分五分に対し、「再び自民党政権を期待するか」には、7割の国民が反対しています。もはや国民の支持も失った自民党は、能力も無く、終焉へ向かって弱体化していく一方でしょう。

 一方、自民党政権末期から政権交代直後、ネット上で、「売国ミンスは、特亜に日本を献上!」などとわめいていた、低知性のネット右翼どもは、今でも同じことを言っていますが、何と言うバカさ加減でしょう。教え込まれたバカ言論を、パブロフの犬のように繰り返す、ネット右翼どもがいくら騒いでも、国民生活は良くなりません。
 他方、今のこの時期に、植草一秀真理教の狂信者達が、小沢最高神を擁護するために、嘘や強弁、そして菅政権への感情的悪口雑言を尽くしていますが、これもネット右翼と同レベルの知性。

 ブログランキングの上位が、このようなネット右翼や、わけのわからんネット言論のブログに占められていること自体、日本におけるネットの知性と言う物がいかに低いかの証拠でもありましょう。

 今は、経済政策と国民生活重視の視点から、特に雇用の問題を中心に、経済の復興を図るべき時でしょう。それ以外のネット言論など、読む価値はありません。

 以上。
posted by ジャッカル at 06:56| Comment(2) | TrackBack(2) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ジャッカルさん、
はじめまして。

フリスキーと申します。
こちらが再開しましてから、
全てのエントリーを拝読し、共感を覚えますし、
また勉強になるので更新を楽しみにしている
者でございます。
ただ、一点だけ、気になる表現がありましたもので、
そこに対する疑問を呈させていただきます。

>ここは、IQが低いとしか思えない連中の扇動に乗せられずに、
>落ち着いた解決を図るべきでしょう。

IQという数値化された能力をここで持ち出すのは、
差別的なニュアンスを助長するのではないのでは
ないでしょうか。
IQが高くは無くても、
思慮にすぐれ感性の優れた方はたくさん
いらっしゃると思います。
むしろ、知性という言葉が適当ではないでしょうか。
個人的には、知性と感性を含む総合的な心の営みを
さした表現であるべきだと思います。
Posted by フリスキー at 2010年10月18日 13:51
IQといおうが知性と言おうが同じことだと思うが、意見の違うものをIQが低いと言い換えてるだけで、典型的なアジテーションにすぎません。せっかく内容的には真摯なブログなのですから、私は、コイズミだのAPA壺三だという内輪だけの蔑称も、使うのをよしたらと思います(この手の言いかえって、小沢信者と成り果てている連中が始めたものじゃないですか)

それはともかく、連日の仙谷答弁を見ていて、正面から評価できる人はほとんどいないでしょう。メディアの記事もほとんど皮肉だし、党内や国会からでさえ注意を受けている様を見れば、毎日傷を負い続けているとしか言いようがありますまい。(もっとも、最近のマスコミの仙谷を持ち上げつつ批判する妙な記事の背景には、反小沢ムードもあるのじゃないかと思いますが、それはともかく)。これで補正そして本予算を乗り切れるとお思いでしょうか。

そもそも、国会で現時点で仙谷長官をどう攻めるかと、自民党が今後どうなるかは、何の論理的関係もありません。それどころか国会早々なのに、早くも与党が何度も立ち往生しているというのが正確な見方ではないでしょうか。

また、菅首相が小沢に勝った直後の世論調査から今後を判断することにも疑問を持ちますが、件のNHK調査とは

>自民党の政権復帰に期待するという答えは全体の40%、期待しないが55%でした

というもので、そもそもデータが違っています。

一言で言って、参院選後、政治の風景は完全に変わってしまったわけです。そのことを直視すべきで、今でも昨年の政権交代直後のような記事を書いていては、しかたないではありませんか。

自民党は終焉することもないでしょうし、必ず政権に復帰するでしょう。しかし民主党が結束していれば、最長であと3年は政権を維持できるのです。そうした観点から、今後の与野党の行動を見ていくべきだと思うのです。
Posted by 金輪 at 2010年10月21日 20:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

平和は自信ある外交で
Excerpt:  日本では、田母神元自衛隊幹部、中国では地方中核都市の学生が主導するデモなど、尖閣諸島を震源とした地震の余震がまだ続いている。しかしこの先、国民が日頃の備えを整
Weblog: 反戦塾
Tracked: 2010-10-18 16:54

元内閣官房長官補が「抑止力を問う」本
Excerpt:    かもがわ出版から出たもう一冊  の本 「元政府高官と防衛スペシャリストたちの対話   抑止力を問う」(この画像ではな
Weblog: お玉おばさんでもわかる 政治のお話
Tracked: 2010-10-18 17:56
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。