2010年10月26日

小沢氏は、国会招致に応じるべきだ。

 今日は別に小沢氏支持云々を語るつもりは無い。純粋に、早く景気刺激のための補正予算を成立させ、その後更なる施策を打っていくためには、小沢氏は、自ら進んで、国会招致(政治倫理審査会、証人喚問)に応じることを表明するべきだ。

 検察審査会の決定によって強制起訴されることになったのだが、潔白を主張して全面的に争うという以上、国会に招致されても、何の問題も無いはずだ。
 もちろん、ことは既に司法の手に委ねられたのだから、わざわざ国会で弁明する必要は無いという意見も成り立つ。

 しかし、自民党と結びついているマスコミは、やはり、国会招致を拒む小沢を、「説明責任を果たしていない」と攻め立てるだろう。これは、小沢氏にとっても民主党にとってもよろしくは無い。

 私は、民主党積極支持者ではないが、自民党は全面的に否定したい。
 だから、ここで、自民党にポイントを稼がせるよりは、堂々と振舞って、国会招致に応じることが、国民の目にも、従来の自民党との違いが際立つことだろう。

 権力に恋々として、傲岸な姿勢を崩さないのだとすれば、小沢はやはり世襲議員で、生意気なやつだ、といわれるだけである。
posted by ジャッカル at 05:26| Comment(1) | TrackBack(5) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今になっての小沢氏の国会招致は意味がないのだと思う。起訴が決まっているのだから「裁判に関係する事にはお答えできません」ですべて済んでしまいかねないのです。
 証人喚問や政倫審は起訴が決定する前の段階でしか意味が無いと思う。
Posted by 八木原 豊和 at 2010年12月13日 14:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/167199684
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

小沢国会説明の意義?
Excerpt:  当塾は、去年の小沢民主党代表時代から、政治資金規正法違反容疑で秘書が逮捕されるという事態について、小沢氏が進んで国会での説明責任を果たすよう期待していた。しか
Weblog: 反戦塾
Tracked: 2010-10-26 06:03

岡田が小沢に、政倫審出席を要請か?+土下座答弁&忍耐でしのぐねじれ国会
Excerpt: 「人気ブログ・ランキング」「ぶろぐ村・政治社会問題」の 2つのランキングに参加しています。 それぞれ、どこか1箇所のバナーを1日1回クリック して頂けると幸いです。  ← まず、ポチっと、..
Weblog: 日本がアブナイ!
Tracked: 2010-10-26 12:17

NO,1867 「武器輸出三原則」は平和憲法の国是 見直しは許されない!
Excerpt:  仙谷官房長官が、12日の記者会見で、武器輸出三原則について「21世紀型に見直す必要があるのか議論が展開される」と述べ、見直しを検
Weblog: 大脇道場
Tracked: 2010-10-26 18:40

10/26: 民主、企業・団体献金を受領へ 自民にクリンチから成り代わり!?政治とカネ!
Excerpt: 「護憲+」ブログ: 「護憲+」は第八期を迎えました  (笹井明子) 「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示し
Weblog: 今日のトピックス Blog
Tracked: 2010-10-26 21:13

企業献金よりネット献金の呼び込みを
Excerpt: 最初企業献金の問題を話そうか、TPPの問題を話そうかと考えたが、こちらのほうを先にした。 岡田幹事長主導で、一億円以下の企業献金が再開することになった。 残念と言わざるをえない。 一応衆..
Weblog: 早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常
Tracked: 2010-11-03 17:54
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。