2010年10月31日

昨夜遅くから、今日にかけて、アクセス数が急上昇。

 昨日アップした、近い将来の日本を予測したエントリーだが、hatenaブックマークされたりもしたこともあるとは言え、ブックマークして下さっている読者の方のアクセスがすごく、通常の4倍以上のアクセスが集まっている。

 私はアクセス数至上主義者ではないし、ランキングにも参加していないので、事実上、再開から1ヶ月そこそこのこのブログに、こんなに多くの方が、ブックマークして下さっていた事に、驚くとともに、篤く御礼申し上げたい。

 しかし、昨日のエントリー自体は、個人的には、さほど珍しい意見ではないと思う。有名なブロガーである、kojitaken氏からも、「小沢の復権は無いでしょう」というコメントをいただいているし、あくまでも、現状、感じたままの未来予測に過ぎないし、緻密に考えたものでもない。

 それが、hatenaブックマークをいくつももらったり、内容を知らないはずの読者が、こんなにも読みに来てくださるとは思わなかった。 これは、今後はもっと気を引き締めて記事を書かねばならないと、自戒の念を新たにする。

 他方、なぜ、「近い未来の日本の予測」という記事にアクセスが集まったのか、愚考してみた。

 日本は、バブル前までの、途中不況もありはしたが、ほとんどは右肩上がりで発展してきた経済が、世界全体のパイの大きさの限界や、日本企業のそれまでの欧米の模倣という手段では、景気上昇局面が得られなくなっている今、日本人の多くは、「将来」に不安を感じているからではないかと思う。

 「不安の時代」、「先の読めない時代」。これまでも、各所で、このような言葉が使われては来たが、多くは、物事を一面的な見方のみで分析していたり、「自己責任」を唱えて、国家の果たすべき役割を放棄した、小泉以降の「小さな政府・政治=新自由主義」の下で、何に依拠してよいかわからず、将来に不安を感じている人が多いのであろう。

 このブログでよく批判している、小沢信者というのも、「小沢先生なら何とかしてくださる」という、あいまいな期待を、単に自民党幹事長時代に経団連から100億円をゆすり取ったときに着いたあだ名の「剛腕」という言葉に、何かを期待して、盲目的に支持しているものと思う。
 そうでないというのなら、今までにも述べてきたように、小沢支持の具体的な理由を明示してほしいものだ。

 しかし、単に、小沢崇拝を批判するだけでは、真っ当な言論とはいえまい。
 やはり、その根本にある、「将来への不安」、「何かに依拠したいという弱い心」について、もっと真摯な検討をしなければならないだろう。
 これも繰り返しになるが、経済的閉塞感の後にやってくるのは、盲目的個人崇拝の衆愚に基づく、独裁政治だ。 これだけは避けねばならない。

 昨日の記事で、危機感を持っていただきたかったのは、民主党が自民党化しつつある現状と、この2政党が大連立をすれば、改憲が可能になるという事実である。

 もとより私は、一応護憲派ではあるが、今の憲法を盲目的に墨守することがよいとは考えていない。
 しかし、単なる政治家の権力漁りのために、現行憲法が「改悪」されることには強く反対したい。
 今後も、勉強をしながら、不定期更新ではあるが、エントリーを上げ続けたい。

 なお、景気が悪い、悪い、というが、企業業績は回復傾向にある。現在踊り場といわれているが、それは世界的な金融不安に端を発したもので、製造業や材料などの「実業」自体は、健全なのである。

 しかし、その企業の好業績が、国民にきちんと再配分されないシステムを、中曽根以降の自民党が作り、小泉が止めを刺した。もちろんそれに怒った、多くの国民が、自民党の長期政権を終わらせ、政権交代をもたらしたのである。ただ問題は、民主党が、一部旧・民社党系の堕落した議員たちを除けば、自民党の議員よりはまじめに取り組んでいるはずの改革が、なかなか進まず、もっとも喫緊の課題である、雇用の問題が立ち遅れていることと、景気の先行きが見えないことが、不安の元であろう。生活実感もそれに拍車をかけているものと思う。

 私は、今、ここで、改めて、社民主義に基づく、高福祉・高負担。またはベーシックインカム導入による、貧困の解消ということを目指して、記事を書き続けて行きたい。
 今後、読者の皆さんの期待に沿えるエントリーを書けるよう、努力していく。

以上
posted by ジャッカル at 13:05| Comment(1) | TrackBack(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>ただ問題は、民主党が、一部旧・民社党系の堕落した議員たちを除けば、自民党の議員よりはまじめに取り組んでいるはずの改革が、なかなか進まず

こういう言い方も、どうしても気になるのです。一部が堕落していて、大半の議員がまじめにとりくんでいるのなら、進まないはずないではありませんか。小鳩政権の高支持率の時なら国会も通ったでしょう。しかしそれを最優先にしたフシもない。また、民主党が本当にやりたいのなら、今だって進めればいいのです。国民の支持があるのなら通すことも可能でしょう。解散したっていい。

どうも、民主党というものの実態が本来まったく違うものなのではないか、という疑いが必要な気がするのです(自民党化、とおっしゃっていますが、もともと違ったのだろうか?)
Posted by サンボレ at 2010年11月01日 16:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/167799291
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

大人気の某政党の事務所にて (1)
Excerpt:   大人気の某政党の事務所にて。 入党希望者A(財産のない親から生まれた自己責任がある貧乏な人): こんにちは。おたくの党に入党し...
Weblog: 村野瀬玲奈の秘書課広報室
Tracked: 2010-10-31 16:59

10/31: 日中首脳懇談、関係修復? 菅政権の形式論至上主義は、愚か。
Excerpt: 「護憲+」ブログ: 「護憲+」は第八期を迎えました  (笹井明子) 「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示し
Weblog: 今日のトピックス Blog
Tracked: 2010-10-31 21:24

菅内閣がおかしい!
Excerpt:  菅内閣がというべきか民主党がというべきか,ここんとこホントにおかしい。特別会計の仕分けの結果如何によってはパピヨンは民主党を見限る。1.尖閣諸島問題でのケ小平との会談を反古にする話 <尖閣問題>「..
Weblog: アルバイシンの丘
Tracked: 2010-10-31 22:05

事業仕分けではなく収奪システムの破壊を!
Excerpt:  特別会計の事業仕分けなるものがあっという間に終わったようだ。しかし,早くもメディアから冷水を掛ける論調が流れ始めた。これは官僚側が流した事業仕分けが持つ意義の矮小化を狙ったプロパガンダである。 ..
Weblog: アルバイシンの丘
Tracked: 2010-10-31 22:37

本音は伊波さん支持なんだろうなあ・・菅総理
Excerpt:  菅総理大臣が実は伊波洋一さんが沖縄知事に当選するのをひそか〜〜に、願っているのではないか??というお玉の密かな疑念と同じ思いを日
Weblog: お玉おばさんでもわかる 政治のお話
Tracked: 2010-11-01 08:34

11/1: 身ぶり手ぶりでテレビ操作…新技術程には遠い、人の世の日進月歩?
Excerpt: 「護憲+」ブログ: 「護憲+」は第八期を迎えました  (笹井明子) 「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示し
Weblog: 今日のトピックス Blog
Tracked: 2010-11-01 21:16
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。