2010年11月09日

国民のことを考えない、自公野党の、無能と欺瞞。

 今朝のニュースで、公明党が、尖閣ビデオ流出の件が明確にならない限り、補正予算の審議入りに反対するというのを聞いて、怒りが込み上げて来た。

 つまるところ、突発的におきた漁船衝突や、ビデオの流出が無ければ、政府に対して、または国会で国民生活のための提言や政策立案を何もできないことを自白したも同然だからである。

 確か、あの麻生・元首相の就任前後も、「まずは景気だ」といい続け、相変わらずの腐敗政治を維持しながら、だらだらと政権の延命を図ってきたのは自公政権ではないか。

 また、それ以前から、弱小の社共などの党が、予算審議入りに協力しないことを、「予算を人質にして国政を壟断している」と非難していたのは、自公政権や、在京保守系マスコミの連中ではないか。

 今回の件では、まったく降って湧いただけの、しかも国民生活とはまったく無関係の尖閣ビデオ流出などを口実に、景気対策に必要な補正予算の審議入りを妨害すると言う事は、まさに党利党略、私利私欲のための国民無視の悪行であり、しかも、こういった事件がなければ、何も言うことができないということを自ら白状したも同然である。何たる無能、何たる悪行。
 「アジェンダ政党」を標榜しながら、公務員の給料を削れ、以外は何も言わない「みんなの党」も、もうメッキがはがれてきたという状況だ。

 民主党が与党慣れしていないのは事実だろう。民主党がすべて正しいとも言わない。

 しかし、マスコミは自民党の政権復活のために、あること無いこと、何があっても民主党の悪口を書きまくり、野党は野党で、かつて自分たちが非難していた手法で、より経済状況が危機に瀕している今、国会運営を妨害しようとしている。

 これでは、民主党政権の支持率が下がってはいるが、自公の支持率が上がらないというのも、あたりまえだ。

 なんにしても、自公やみんなの党の、無知、無策。官僚に作ってもらわなければ、政策提言の一つもできない無能ぶりに、あきれ返るばかりである。

 徹夜国会でも何でもして、尖閣問題はそれはそれ、補正予算もこれはこれとして、並行審議すればよいではないか。

 他方、司法に任されたから、と称して、国会に出ないといっている小沢にも問題はある。司法云々は確かに理屈ではあるが、小沢は、国民の選挙で選ばれた国会議員である。国会で国民に対して説明する責任があろう。  この点では、私は小沢を強く批判するし、小沢に及び腰の民主党執行部にも、歯がゆさを隠しきれない。

以上。
posted by ジャッカル at 08:21| Comment(0) | TrackBack(2) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

11/9: 経済的理由で治療中断 放したクマ、戻ってきた 双方、命に関わる一大事
Excerpt: 「護憲+」ブログ: 「護憲+」は第八期を迎えました  (笹井明子) 「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子) 「護憲+」ブログ: 人権保障の倒錯、申..
Weblog: 今日のトピックス Blog
Tracked: 2010-11-09 21:54

沖縄靖国合祀取り消し訴訟判決
Excerpt: 随分時間がたってしまいましたが、沖縄靖国合祀取消訴訟判決については書きとめておかなくてはならないと思いますので、遅まきながら・・・ (関連記事はこちら http://akiharahaduki..
Weblog: Afternoon Cafe
Tracked: 2010-11-10 02:04
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。