2010年12月12日

私は、小沢は民主党から除名すべきと考える

 前回の続きのエントリーとなるし、今の国民生活に無縁のことだから、あまり書きたくは無いのだが。

 民主党では、ついに、小沢(今後敬称はつけない)を、政倫審に招致する議決を行う方向で動いており、本人が拒否した場合、離党勧告をするのではと言う観測が流れている。

 私はかねがね言っているように、小沢は民主党にとって百害あって一利なしの人物になったと思う。
 選挙に強いから必要、っというご意見もいただいたが、選挙重視で政治をするのは、国民を二の次にしていると思う。まずは政策と実績で勝負するべきだろう。

 なぜ、小沢を除名すべきかと言うと、本人は発言しないながら、海江田あたりを通して、民主党の執行部側に対して、造反的活動を続けている。これは、完全に、党内野党となっており、しかもその主張は首尾一貫しておらず、ただ単に、政局にするために、執行部に逆らっているだけである。

 「この不景気の時期に、小沢問題などを扱っている場合か」と言う意見もあり、ある程度はもっとも思う。しかし、小沢をこのままにしておくと、逆に今後ずっと、執行部は足を引っ張られ続ける。

 離党勧告などと言わず、私は、政治資金規正法違反で立件されたという一事をもって、小沢を民主党から除名すべきと考える。
 小沢に追随して離党する議員を減らすために、特に政治資金のうち、政党交付金を、選挙に弱い候補に重点配分するなどの対策を採り、小沢を孤立させるべき。

 ただ、小沢を切った後、自民党と民主党が大連立と言うのだけは、絶対に止めるべきだ。そうなると、民主党は次の選挙で惨敗するだろう。自民党への国民の反感は今でも根強いものがある。
 そんな政党との数合わせの大連立など、国民を欺くものだ。

 邪魔な小沢を切って、後は当面粛々と実務に専心してもらいたい。

 ただ、菅直人の、前のめり発言は慎んで欲しい。どうも森喜朗と同様、その場の雰囲気に媚びて、深く考えずに前のめりの発言をする癖があるらしい。肝に銘じて反省すべきだ。
posted by ジャッカル at 08:38| Comment(0) | TrackBack(1) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

12/12: ウィキ、仏調査で過半数が支持 さすが市民革命(人権)の母国 さも…
Excerpt: 「護憲+」ブログ: 「護憲+」は第八期を迎えました  (笹井明子) 「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子) 「護憲+」ブログ: 人権保障の倒錯、申..
Weblog: 今日のトピックス Blog
Tracked: 2010-12-12 20:38
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。