2010年12月19日

小沢が政倫審に出なくても構わないが・・・。

 かねてより、私は、小沢が嫌いだから、反小沢で論を展開してきました。
 嫌いな理由は、自民党当時から、一番金に汚い「経世会」の中心だったことと、その後自民党の土建利権批判が高まるとそれを回避するために党を割り、知らぬ顔して、自民党批判をした厚顔無恥ぶりと、政局のためには言を左右して、採る行動も、権力のために汲々としているように私には見えるからです。

 今の民主党内の対立においても、小沢自身は「一兵卒として、挙党体制に尽力」と自画自賛してますが、確かに本人の口からは、執行部批判はあまり出ないけれど、実は、小沢の子分の海江田、原口を中心に、執行部の言うことにいちいち異議を唱えて、とても挙党体制を目指しているとは思えない行動を取っています。

 結局、また、羽田元総理いわくの、「政局(しか)興味が無い」といわれる小沢の悪い癖で、何とか民主党内に影響力を保持し、党を割るときは、追随者を増やそうとしているだけに思えます。

 で、昨日だか、岡田幹事長に、政倫審に出ないということを文書で伝えたそうだけど、確かに理屈としては理屈です。でも、「理屈と膏薬はなんにでもひっつく」と言うのは、日本のことわざで、別の立場に立てば、「国民の選良としての国会議員でありながら、刑事訴追を受けたことについて、国会の場で国民に釈明する必要がある」と言う理屈だってひっつくのです。

 私としては、急に三権分立を主張して、政倫審を拒否する理由がわからない。本当に潔白なら、出てもぜんぜん大丈夫なはずだけど・・・。

 その意味では、私は、偽証罪が適用される、国会への喚問と言うのが一番だと思い、その点、大嫌いな自民党の主張と同じです。

 繰り返しますが、やましいことが無くて潔白なら、何処にでも出られるんじゃ無いですか?国会議員として、国民に説明・釈明する義務があるんじゃないですか?
 小沢の主張は、国会議員でなければ通るけど、国会議員なのだから。そうでなければ、政倫審や喚問の制度自体が無意味になってしまう。

 憶測だけど、菅・岡田が、政倫審への小沢出席を議決する方に動いているのは、多数派工作に自信が出たからではないのかな?小沢が党を割っても、政権を失うまでには至らない。また自民の反応としても、ここまで小沢の事件の批判をしてきたのだから、小沢一派と連立はできまい、と読んでいるのだと思います。

 ならば、もう醜態を晒さずに、さっさと小沢を除名してしまうのが一番だと思いますがね。

 今日のエントリーは、床屋政談レベルですので、まぁ、お見逃しを。

 以 上
posted by ジャッカル at 04:16| Comment(0) | TrackBack(2) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/174038127
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

12/19: 国連安保理が緊急会合(朝鮮半島) ドンパチばかりじゃ、脳がなさ過ぎ…
Excerpt: 「護憲+」ブログ: 「護憲+」は第八期を迎えました  (笹井明子) 「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子) 「護憲+」ブログ: 人権保障の倒錯、申..
Weblog: 今日のトピックス Blog
Tracked: 2010-12-19 21:08

小沢氏の強制起訴・雑感
Excerpt: 小沢氏が強制起訴されることになった。 僕はこれについて、あまりうまくは語れないが、 マスコミもいちいち小沢氏の言をねちねち取り上げるのもやめてほしい 確かにあまり語らないけれど、たまにしゃべ..
Weblog: 早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常
Tracked: 2011-02-06 01:59
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。