2010年10月24日

「植草真理教」、「小沢絶対神崇拝」批判の理由。

 もうこの話題に触れるつもりは無かったが、依然として「小沢信者」の声がかまびすしい。
 また、保坂展人前衆議院議員や一部法曹関係者も指摘のとおり、確かに小泉がいい加減なやり方で行った「司法改革」における検察審査会のあり方については議論は必要だろう。

 ここで私が、「植草真理教」と揶揄し、「小沢絶対神崇拝」の狂信者、と侮蔑する連中というのは、上記の真っ当な、制度・手続き批判とはまったく違う。時に他人のブログを剽窃して、真っ当な意見のようなことを言う連中もいるが、根底がさかさまで、検察および検察審査会のありようが問題だから批判をしているのではなく、ただひたすら「小沢信仰」の余り、検察をそしてひいては菅政権をののしり続けている連中を、私は批判し侮蔑しているのである。

 まず2点問題がある。
 私が「小沢信者」に何度も問うて、一度も答えが得られなかったことがある。

 第一に、なぜ「小沢先生なら何とかしてくださる」という、民主党代表戦のときに、一部国会議員たちも使ったあいまいな期待を、小沢に抱くのか?もっと平易に言えば、小沢を政治家として支持する理由、およびその政策は何か?という問いに、答えが得られたことは無かった。
 これは不思議である。支持する理由が無い。「剛腕」だから、っというのは、思考放棄に等しいし、以前にも述べた、閉塞感の中の英雄待望であり、危険な衆愚主義に堕する危険がある。

 次に、ここが植草一秀の主張を、「植草真理教」と私が言う点なのだが、彼の言う、「悪徳ペンタゴン」なるものの存在の証明は、植草自身、一度として行ってこなかった。であるがゆえに、副島隆彦のような「陰謀論者」と組み、「巨大な力によって、証拠は出せないが、実は大いなる陰謀があるのだ。」という、トンでもな言い分で、小沢支持(上述の正当な支持の理由がある人が支持するのはかまわないが)を強弁すること、およびそのアンチテーゼとして、菅政権批判を行うのは、まったく筋違いだということである。

 私とて、世の中に大小の陰謀はあろうと思う。陰謀ではなく、実際に逮捕・立件された事件としては官僚が談合の差配をし、政治家への便宜供与の一端を担っていた事実があろう。
 また、土建業界と政治家の関係で、金と票がバーターでやり取りされ、そして土建業界に工事を落札させるために官僚が談合を差配するというのは、「政官財の鉄のトライアングル」と呼ばれ、植草が陳腐な類義語を作る前から使用されていた言葉である。土建業界に限らないが。

 陰謀や癒着があるとしても、植草の根本的な誤りは、特に官僚とマスコミが、菅政権によって支配されているという、何の証拠も根拠も無い主張である。

 新聞、雑誌メディア(私はあまりテレビを見ないので)を見てみると、マスコミは、菅政権をもたたいている。小沢だろうが菅だろうが、民主党にかかわることをたたき続けている。
 確かにマスコミ、というよりジャーナリズムには、権力の暴走や腐敗を抑えるための機能が期待されているが、実際にはそれは果たされていないようだ。
 そして、今、マスコミが必死に叩いているのは、「民主党」であり、その目的は、自民党の政権返り咲きにより、自分たちが築いてきた自民党との関係を維持し、利権がほしいというものだろう。

 それに気づかず(ということは、植草およびその信者たちは、「マスゴミ」は汚らしいので読まないのだろうか?)、菅政権とマスコミが癒着していると主張する植草とその信者は、馬鹿か狂信者のどちらかであろう。
 そして、ついこの前まで自分たちが叩いていた自民党と、同じロジック、同じ材料を持って菅政権を叩いているのが、本末転倒で馬鹿に見えて仕方が無い。もはや自民党の応援団と化している。

 関西の年配の女性が運営しているらしい、植草真理教狂信者のブログでは、あろうことか、彼らが「マスゴミ」「ゴミウリ」と罵ってはばからない、「読売新聞」の記事を使って、菅政権批判を展開していたことさえある。

 結局、上記狂信者たちは、人気ブログの植草ブログに依拠して安直に記事を書き、ブログアクセスをあげて自己満足に浸っているに過ぎない。
 しかし、それは俗悪マスコミ並みにたちの悪い、真っ当な政治論議をかすませてしまう、劣悪な情報の垂れ流しに過ぎないと、私は思う。

 植草ブログがブログランキングの上位にいるのは、その主張がまっとうだからでは無いだろう。まともなブログが上位に行くなら、なぜブログランキングの上位は、低劣なレイシズムに満ちた右翼ブログに占められているのか?
 試みに、「ブログアクセス ランキング アップ」のキーワードで検索してみると良い。依頼されてブログランキングを上げる有料サービスが出てくるはずだ。
 また、そのような手を使っていないにしても、頻繁に更新し、汚い言葉や断定口調で扇情的に書かれたブログというのはアクセスが伸びる傾向がある。

 今後、事実関係を追う以外では、この問題を取り上げない。
 真っ当な小沢氏支持の人はそれでよいが、上記のような劣悪な連中に巻き込まれないことだ。

 以上
posted by ジャッカル at 10:15| Comment(2) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

当ブログは、「バカ」、立ち入り禁止。

 今日あったコメントだが。余りにもバカだったので、削除した。

 基本的にこのブログは、バカ・特にネット右翼は立ち入り禁止である。コメントしても即座にアクセス制限・削除するので、無駄なことはしないように。

 真っ当な主張を持つ、保守主義者や愛国者は構わないけれど、根拠も無く、他者を罵るだけのバカ右翼は、立ち入り禁止。
posted by ジャッカル at 11:53| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月27日

ブログを再開します。(不定期ですが)

 ご無沙汰しておりました。
 昨秋の政権交代後、少し記事を書いていましたが、民主党政権のお手並み拝見ということや、自分の持病の悪化などもあり、始めたばかりだったこのブログを、休止して半年近くになります。

 しかし、政権交代後1年以上がたち、その間、善悪取り交ぜて、民主党政権の方向性や性格も、ある程度見えてきました。鳩山前首相の、理念のみ先行で、人間的には最低の振る舞いを見て、失望しました。

 また、自民党下野により、それまで50年余りにわたって、自民党とほぼ癒着していたマスコミにも、微妙な変化がでています(良い方向ではありませんが)。
 さらに、自民党の陰の部分で、恫喝や暴力装置をになっていた右翼の活動にも変化が見られます(これは完全に悪い方向に。)。

 私は、政治面では、無党派リベラル・社民主義志向で、経済政策では、高福祉・高負担を一つの理想形にしながら、最適な物は何かを探りながら、このブログを再開することにしました。

 政権党である民主党には、批判的視座に立ちつつも、認めるべきものは認めます。他方、野党のうち、特に自民党と「みんなの党」は、経済政策で国民の生活向上に逆行する政党と認識しており、徹底批判していきます。
 また、上記劣化右翼に絡み、その元締め的存在の「立ち上がれ日本」や、そのまた劣化版の「新党改革」の2党にも、批判的立場で書いて行きます。

 社民党については、「社民主義志向」の私としては一番近いのかもしれませんが、かつての万年野党、「なんでも反対野党」の性癖が抜けないまま、ジリ貧になっている今の状況では、もろ手を挙げて応援するつもりはありません。
 共産党については、建前はもっともながら、実は硬直した党組織と、自己批判できない体質が嫌いです。共産党についてはあまりふれることは無いと思います。ただ、過去、別のブログを運営していた頃、共産党と喧嘩しましたし、またはその盲目的支持者(私は「化石左翼」と呼んでいます。)とは、時に対立するかもしれません。新左翼においておや、です。

 ということで、民主党政権を批判的に、しかし建設的に提言しながら、このブログを運営し、他方で、経済右翼・政治右翼とは対決を、社民・共産に対しては、硬直した組織体質を改めて、真の国民向けの社民主義の党に変わってほしいと言う願いを込めて、記事を書いて行くつもりです。

 現在話題となっている、尖閣諸島における漁船衝突事件をきっかけとした、中国との関係悪化の件を手始めに、明日辺りから、記事を書き続けて行きたいと思います。

 では、今後、よろしくお願いいたします。

 ジャッカル 拝
posted by ジャッカル at 06:17| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月03日

凋落する自民を嗤う

 今日の参議院の審議の開始に、前原国交相を含めた閣僚3人が15分ほど遅刻したそうだ。
 確かに緊張感に欠けるし、大いに反省してもらいたい。
 しかし、閣僚席での居眠り常習犯や、携帯のテレビを見ていた与謝野元金融・財務大臣の行状はまだ記憶に新しい。

 遅刻のことを、鬼の首をとったように、批判し、言い募る、バカボン石波のしゃべり方に、自省心なき自民党の、矮小なオタク風の雰囲気を感じた。
 今の自民党はガタガタだ。参議院を中心に、国会議員の流出が止まらない。バカの舛添(初代・政界ねずみ男)が、谷垣降ろしなどを口にし、自民党内部でもわれ始めた。
 本人たちに自覚は無いが(自分たちが世界の中心だと思っているから)、安倍晋三と平沼赳夫(無所属)が、自民党本部で、極右団体の旗揚げをすること自体、すでに自民党は、仲間外れにしたはずの平沼にすら舐められるレベルだ。

 今後も議員の流出は止まらないだろう。そして自民党は融解していく。
 離党した議員たちは、本来は議員辞職すべきだと言うのが、私の意見だが、そういう制度では無いので、まぁ、無所属議員として、しばらく過ごし、民主党に分裂の動きがあれば、勝てそうなところに。なければ、民主党に入党しようとしているのだろう。
 民主党は、自民党からの新規鞍替えを、全面拒否することを表明すると良いと思うが、そうしない方が自民党の融解は激しくなるだろうから、今のままでよい。

 自民党は、野党でありながら、体質が官僚側のため、民主党政権を批判する材料を持たない。まさにブーメラン効果で、自分に帰ってくるからだ。
 小沢攻撃が結局不発に終わった今、また次をしかけても、小沢が辞めることで収束してしまう以上、打つ手が何もないのが自民党である。
 直接給付を含めた予算が成立し、実際に生活支援を受けた国民は民主党を支持するだろう。

 自民党はそれを、何も言えずに見ているだけで、所属議員の流出を止めることもできずに衰亡していくだろう。
 それで良いのだ。
 次は、民主党に対する勢力として、極右(安倍、平沼)か、新自由主義(経済右翼・「みんなの党」、渡辺喜美等)か、または健全な保守(見当たらない)か、革新(共産、社民が脱皮できるか)か。民主党攻撃以前に、民主党以外は、今、自分たちの鼎の軽重が問われている。
 
posted by ジャッカル at 19:33| Comment(1) | TrackBack(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月20日

今の民主党政権の問題

  まず、民主党政権の現状で、表面的に出ている問題点は以下の諸点だろう。

● スピード感が無い。

● 定見が無い無差別発言が多い。(特に平野官房長官。法律に余りにも無知。)

● 鳩山首相の「誰からも嫌われたくない」姿が、優柔不断に映る。

 に集約できると思う。

 3番目は、これは個人の個性だから、どうしようもないが、どうにかしてほしいと思う。

 前2者は、結局は、官僚の抵抗・情報操作によるものと思われる。それに乗せられる閣僚もバカだが。
 この部分は、民主党を的確に批判していかねばならないと思う。

 小沢一郎マンセー、で、自民党が同じことをしていたら口をきわめてののしっていた人々が小沢を擁護しているのは、道理に合わず、見るに堪えない。
 小沢はこの際、民主党への批判や不満を全部背負って、タイミングをはかって議員を辞めるのが、一番民主党のためになるだろう。

 それから、官僚対策としては、官僚を会議に呼ばなければ良いのである。代わりに、民間企業や大学から、出向・派遣の形で人材を集めればよい。

 うまくいかなかったら官僚には責任をとってもらうシステムも必要。沖縄の米軍基地間近に転勤させるのが良いだろう。帰ってくると言う保証なしで。
 一罰百戒で、誰か数名、次官・局長クラスを北の国(ロシアのシベリアや、フィンランドのスピッツベルゲンあたり。いや、南極の基地でも良い)に行ったきり出向と言うのも良いと思う。国の礎となって、死んで来てもらいたい。
posted by ジャッカル at 11:40| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。