2010年12月12日

私は、小沢は民主党から除名すべきと考える

 前回の続きのエントリーとなるし、今の国民生活に無縁のことだから、あまり書きたくは無いのだが。

 民主党では、ついに、小沢(今後敬称はつけない)を、政倫審に招致する議決を行う方向で動いており、本人が拒否した場合、離党勧告をするのではと言う観測が流れている。

 私はかねがね言っているように、小沢は民主党にとって百害あって一利なしの人物になったと思う。
 選挙に強いから必要、っというご意見もいただいたが、選挙重視で政治をするのは、国民を二の次にしていると思う。まずは政策と実績で勝負するべきだろう。

 なぜ、小沢を除名すべきかと言うと、本人は発言しないながら、海江田あたりを通して、民主党の執行部側に対して、造反的活動を続けている。これは、完全に、党内野党となっており、しかもその主張は首尾一貫しておらず、ただ単に、政局にするために、執行部に逆らっているだけである。

 「この不景気の時期に、小沢問題などを扱っている場合か」と言う意見もあり、ある程度はもっとも思う。しかし、小沢をこのままにしておくと、逆に今後ずっと、執行部は足を引っ張られ続ける。

 離党勧告などと言わず、私は、政治資金規正法違反で立件されたという一事をもって、小沢を民主党から除名すべきと考える。
 小沢に追随して離党する議員を減らすために、特に政治資金のうち、政党交付金を、選挙に弱い候補に重点配分するなどの対策を採り、小沢を孤立させるべき。

 ただ、小沢を切った後、自民党と民主党が大連立と言うのだけは、絶対に止めるべきだ。そうなると、民主党は次の選挙で惨敗するだろう。自民党への国民の反感は今でも根強いものがある。
 そんな政党との数合わせの大連立など、国民を欺くものだ。

 邪魔な小沢を切って、後は当面粛々と実務に専心してもらいたい。

 ただ、菅直人の、前のめり発言は慎んで欲しい。どうも森喜朗と同様、その場の雰囲気に媚びて、深く考えずに前のめりの発言をする癖があるらしい。肝に銘じて反省すべきだ。
posted by ジャッカル at 08:38| Comment(0) | TrackBack(1) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月10日

民主党は割れれば良い。しかし、大連立では誰も支持しない。

 小沢元代表の国会への招致を巡って、小沢派の若手10人が岡田民主党幹事長に、招致しないように申しれを行ったそうだ。
 岡田氏はこれを拒否し、基本的に、政治倫理審査会に小沢元代表を招致する議決を行う方向で調整に入っている。

 はっきり言って、政局のみに関心があり、権力を手放したくない小沢のような古い政治家は、早く民主党を割るべきだ。
 果たして何人がついていくか?金を握っているだけに、陣笠議員は多いだろうが、果たして党を割るほどの覚悟があるのか?

 小沢は、自分が幹事長時代の鳩山政権下でのことは知らぬ顔で、前々回の参院選のときのマニフェストにもどれ、と言う「原理主義」を主張しているが、その「国民の生活が第一」と言うスローガンには賛成するが、具体的にどのように行うかの政策論をこれまで一度も語ったことは無かった。

 小沢はもう民主党にとって百害あって一利も無い、過去の政治屋に過ぎない。 
 早く党をわって、取り巻きの右翼と陣笠たちを連れて出て行くがいい。
 その上で、自民党と連立しようとするだろう。それはもう見え見えだ。

 となると、何人が小沢についていくかの問題になってしまう。しかし、そうなったとしても、解散総選挙になるとは限らない。
 菅首相が突っ張りぬけば、少数与党のままの政権もありうる。

 組合の支持が小沢についていくとは考えにくい。政権にあることに意味があるのだから。確かに輿石参院議連会長は官公労の代表だが、民主党の票のメインは民間大企業だ。
 それはそれで、「旧・民社」の害悪があるのは事実だが、連合は小沢について行かないだろう。

 それで選挙を戦える議員がどれだけいるか?

 私たちは、小沢と決別しなければならない。彼の業績といえるようなものは、ほとんど無い。「剛腕」の異名も、かつて自民党幹事長時代に、選挙資金として、経団連から100億円をゆすり取ったことから名づけられたあだ名に過ぎず、業績など無い。

 もし、小沢に多数の衆院議員がついて新党を作り、自民党と大連立しようとするのなら、それこそ、国民の負託を得ない、烏合の衆による、小沢の傀儡政権になってしまう。

 国民はそれを許してはならない。また、人数次第では、逆に菅政権が自民党に擦り寄るかもしれない。それも同じだ。
 大連立だけは阻止するべきだ。国民は自分の選挙区の議員にこの意見を伝えよう。理念無き政治屋、小沢に国政を任せることはできない。また理念「だけ」の政治家の鳩山も同様だ。

 民主党の若手は、金のことではなく、国民の声を考えて自らの振る舞いを決めるように求める。

以 上
posted by ジャッカル at 19:34| Comment(1) | TrackBack(2) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月25日

【宣言】反・新自由主義。国家による再分配の強化を求めるパーティー(党)について。

 隣国で戦争騒ぎが起き、日本周辺も緊迫した情勢になりつつあります。
 この期に、また右翼・復古主義勢力が、一層の強硬発言をするであろうことは、予想に難くなく、それはそれで憂慮すべき事態と考えます。

 しかし、今の日本、および世界の情勢で、日本が単独で軍事力の強化と行使に動くことは、まず不可能ですので、この問題は今日は横に置きます。

 さて、政権交代後、日本のブログシーンは大きく様変わりし、それまで政権交代を目指して固まっていた、広い意味での左派(?)ブログ界が、「植草真理教の小沢崇拝」やら「反米・陰謀論者の巣窟」。そして「左派とは言えない様な、ただの不平不満ブログ」などに分裂しました。
 この一面には、「政権交代」と言う一大テーマが終わってしまい、あまり思考力の無い人のブログでは方向性を失っていった、と言う面があるでしょう。

 また、政権交代後の、鳩山政権の相次ぐ失態に、国民が期待を裏切られたということで、民主党支持もできなくなってきたというブログもあるでしょう。

 「ミニコミ」である、個人ブログもそうであるし、他方「マスコミ」の方は、自民党の政権返り咲きを目指しての、なりふり構わぬ、反民主党キャンペーンを展開し、民主党政権の支持率は激減しています。

 しかし、この半年。菅政権発足後、外発的要因による政権批判は多かったものの、政策に関する議論はあまり行われてきませんでした。
 また、菅政権自身が、本来民主党のスローガンであった、「国民の生活が第一」や、菅首相就任時の「最小不幸の社会」、っと言うような思考から離れ、再度、新自由主義的な弱肉強食の政策に舵を切ったことは、政策論を放棄したマスコミや、ブログ界にとっては、関心事となりえなかったようです。

 ですが、その間、以前の政権交代ブログの中の一部で、新自由主義に対抗していく、国民生活のあらゆる面での改善を目指し、国家による再分配の強化、高福祉を求めていく議論が、静かに高まっていたのでした。

 その旗頭となったのは、ブログ「きまぐれな日々」のエントリー >>、http://caprice.blog63.fc2.com/blog-entry-1125.html
 であり、以前から高福祉高負担国家を目指すと明言していた私や、経済通の「広島瀬戸内新聞ニュース」などの支持も受け、上記エントリーにもあるように、「鍋党」(まだ暫定ですが)をmixiのコミュニティとして立ち上げました。

 ここで私なりの意見を宣言しますが、日本では財界の要請からか、アメリカ追従の新自由主義の拡大で、格差の拡大、貧困の増加、企業収益は伸びているのに、第二の就職氷河期が訪れようとしています。 
 また、名古屋の河村市長のように、減税を叫ぶポピュリズム的政治が幅を利かせているのも事実ですが、政治学的には、「減税」は、新自由主義の典型的政策で、富裕層にメリットが大きく、もともと納税額が少ない貧困層にはメリットが少ない政策なのです。

 私(私たち)は、これに対抗し、大きな政府による高福祉の社会を目指し、そのために必要な財源を税制を含めどのように確保していくかを提言していく、新しいパーティーとして、上記「鍋党」を立ち上げました。

 これは、新自由主義とも、保守主義とも違う、社民主義の新しい形態を模索するもので、活動を拡大し、今後、可能ならば政策提言をできる力を持った団体になろうと考えています。

 関心のある方は、上記URLの「きまぐれな日々」のエントリーを参照いただき、賛同いただける方は、とりあえず、mixi内のコミュニティにご参加ください。

 まだ、具体的活動は始めていませんが、今後、独自のサイトや共用ブログの製作などで、広く意見の発信と募集をしていきたいと考えています。

 よろしくご検討ください。
posted by ジャッカル at 04:34| Comment(1) | TrackBack(2) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月24日

北朝鮮の暴挙に強く抗議する

 昨夜から報道は出ていたが、詳細が不明だったので、少し遅れてのエントリーとなった。

 北朝鮮が、朝鮮半島西方の韓国領の島に、突然砲撃を行い、兵士に死者、民間人にもけが人が出た。
 許しがたい暴挙と言うべきである。

 突然の無意味にな攻撃に、原因をいろいろと推測する報道はあるが、何をおいても、民間人のいる他国の土地に、砲撃を加えると言う事は、暴挙・蛮行以外の何物でもない。
 それが、北朝鮮国内での後継者の実績作りなどと言う身勝手なものだとするならば、北朝鮮は、さらに世界の孤児となろう。

 朝鮮半島は、朝鮮戦争以降、未だに「休戦」の状態であり、南北朝鮮間では、軍事的対峙が60年も続いている。従来も、中間地帯である非武装エリア内での銃撃戦などはあったが、砲撃は戦後初である。

 韓国の背後にはアメリカ(一応、国連軍)が、北朝鮮の背後には中国が後ろ盾としており、北朝鮮は、中国の威を借りて、今回の暴挙に出たものと思われる。
 韓国のイ・ミョンバク大統領は、軍事的対処を行うと強硬論を唱え、今後どうなるか予断は許さないが、双方の背後の大国の存在が、全面戦争への突入への抑止になるであろうことは予想され、またそれであるからこそ、北朝鮮がこのような行動に出たともいえるだろう。

 北朝鮮が、政権の世襲、王朝化を進め、核兵器製造の愚挙に走り続ける背景には、やはり中国のバックアップがあるからであろう。さすがに表立っての支援は行っていないが、国境を介しての陸路での貿易は、中朝間では活発であり、北朝鮮の生命線ともなっている。

 中国への国際間での説得や圧力を通して、北朝鮮の蛮行を止めさせるように働きかけるのが、当面の外交課題となろう。
 しかし、中国もまた、経済発展による国力増大を、覇権主義に結びつけつつある様で、また、情報統制強化など、国内に抱える問題は大きく、アフリカ・ナイジェリアにおける収奪などを見ても、もはや社会主義国を名乗る資格は無い、覇権主義国家である。

 だが、この中国と北朝鮮を相手に軍事的対応を叫ぶのは、漁船が領海に入ったくらいで吹き上がり続ける、石原慎太郎らのような愚かな軍国主義者たちだけである。

 今、やらねばならないことは、戦争ではなく、説得と交渉による、中国の懐柔である。他方、資本進出や、原材料の中国からの輸入を縮減し、他の諸国へ分散化していくことも、いささか増長慢になっている中国の肝を冷やすことになろう。
 これらの手段を使って、中国の北朝鮮へのバックアップを減少させ、中国自体の民主化も進めていかねば、中朝両国は、そのうち世界中を相手に孤立することになるだろう。

 まずは国連安保理になるのだろうが、そこで中国が北朝鮮擁護にでるか、少なくとも棄権するかが、ひとつの判断の分かれ目である。

 現状を考えるに、中国が、理性的行動を取るとは考えにくいが、そこを圧して、中国への働きかけを粘り強く行っていく必要があろう。

 いずれにしても、今回の北朝鮮の蛮行に、強く抗議するものである。
 
posted by ジャッカル at 06:29| Comment(0) | TrackBack(2) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月20日

柳田法相更迭は、当然だ。

 まだ、一部メディアの報道でしかないので、確実なことかどうかはわからないが、菅首相は、補正予算の審議を優先するために、不見識発言のあった柳田法相の更迭を決めたらしい。

 遅すぎた。いや、下手に擁護して、菅直人の評価をさらに貶めた事件だと思う。

 閣僚の中でも、発言にもっとも厳格性と重みが要求される、法務大臣という職にある人物の発言として、先日の柳田の妄言は、失言などと言う物では済まされず、政治軽視、国会軽視の、きわめて異常な発言だったと思っている。
 さらに驚いたのが、私の意見なら即座に解任すべきところを、菅首相が擁護したという事実である。

 これは、柳田が、旧・民社党グループに属し、先の代表戦において、当初小沢支持に回るといわれた、旧・民社党グループが、菅支持に回ったことが、首相の勝因の一つだったことへの、菅首相の要らぬ遠慮があったのだと推測する。

 しかし、55体制の時代から、大企業労組の組合ゴロの集まりだった民社党は、自民党補完勢力と呼ばれ、労組に支持基盤を持ちながら、大企業の立場に立ち、国会では常に自民党の側に回る、コウモリのような政党であった。1993年以前の話になるが、自民党議員の秘書と民社党の議員が賭けマージャンをやって、自民党秘書の側がわざと負けて、一晩で数百万円の金を民社党の議員に渡していたというスキャンダルさえあった。

 つまり、民社党とは、節操の無い、日和見主義者で、大企業労組から順繰りに組合幹部が議員になってくるという、奇妙な組織だったのである。
 それが、小沢一郎との関係からか、結局今は民主党に収まっているが、その行動様式は、従来どおりであり、大企業の立場最優先であると共に、組合ゴロが多いので、鳩山政権下の平野博文なども、柳田と同様、不見識な発言・妄言を繰り返す、無能な人間ばかりである。

 また、当初、副首相だった菅直人が、新しい経済成長の柱として、新エネルギーの研究開発の促進を掲げたのに、やはり旧・民社党出身の直島経産相らによって、大企業有利の原発の海外輸出にすりかえられてしまった。

 とにかく、政権交代後の鳩山の迷走の陰には、平野博文がいたし、今回の柳田法相の妄言も、旧・民社党の害悪といえると思う。

 しかるに、代表戦で支援されたからか、今後小沢一派に走られると困るからか、柳田の妄言を擁護した菅首相の指導力、決断力の無さもまた、批判されてしかるべきだ。

 今国会は、自民党のあまりの無能により、政策論議がまったくと言ってよいほど無い。が一方、それを良いことに、民主党側も、公務員制度改革や、取調べの可視化などへの取り組みをおろそかにしたままだし、「国民の生活が第一」というキャッチフレーズに反し、特に雇用と貧困の問題に、目だった取り組みをしていない。

 民主党・菅政権は、今すぐに、政権交代前の立場と公約に戻り、真摯に国民のための政治を行うべきであろう。自民党が無能であり、事実上の軍事組織である自衛隊を「暴力装置」と、政治学では当たり前の定義に噛み付く程度の低劣な国会審議をしているようでは、国会は、小学生の学級会のレベルを出ない。

 民主党も自民党も、政権を担う能力が欠如しているというべきであろう。

 ただ悲しいかな、この両党に代わるべき政党が無い。
 公明党は論外であるが、先日の尖閣諸島事件では、共産党までもが、偏狭なナショナリズムに迎合したのか、中国共産党と仲が悪いからかは知らないが、領土問題で強硬論に出たりして、もはや、「確かな野党」というキャッチフレーズすら危うくなっている今、政治を付託しうる政党を持たない日本国民の不幸を思うに、愕然たる思いがある。

 個人的には、民主党は割れるべきだと思う。小沢は関係ない。旧・民社グループを切り捨てるべきだと思うのである。だが、そうすると、大きな支持母体である労組が離れる。結局、真に多くの国民のために活動する政治家は、民主にも自民にもいないのである。

 嗚呼、やんぬるかな。
posted by ジャッカル at 05:33| Comment(1) | TrackBack(2) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。